usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

KYOSYO 1/64 Ferrari 250 GTO

皆様、こんにちは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210619105941j:plain



本日は 京商 1/64スケール

フェラーリ 250GTO

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210619110054j:plain



こちらのミニカーも以前ご紹介致しましたフェラーリ・166MMやフェラーリテスタロッサなどと同じように、ダイドーデミタスコーヒーのキャンペーン商品として2003年頃にラインナップされていました。


フェラーリ・250GTの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/02/21/102458


f:id:usunonoo:20210619110257j:plain



ミニカーのモデルとなったのは、フェラーリが1962年から1964年にかけてGT選手権参加のホモロゲーションを受けるために製作した『 Ferrari 250GTO 』ですね。

f:id:usunonoo:20210619110943j:plain



フェラーリ・250GTOの「 GTO 」の意味は、『 Gran Turisumo Omorogato(グラン・ツーリスモ・オモロガート)』の略称であり、GT選手権ホモロゲーションを習得した証となっていたそうです。



f:id:usunonoo:20210619111359j:plain



フェラーリ・250GTOは先代である250GT・SWBをベースに開発されており、1962年から1964年までの1年間の間に通算39台の車両が製作されました。


1962年の国際マニュファクチャラーズ選手権(世界スポーツカー選手権)で優勝を果たし、1962年から64年までの期間においてFIA GT選手権のシーズンタイトルを3年連続で獲得していたそうです。



f:id:usunonoo:20210619112643j:plain



数々の耐久レースや選手権大会での輝かしい実績を残したフェラーリ・250GTOは、現在ではその偉大なる歴史的価値もあり非常に高額なクラシックカーの一つとなっています。

2014年8月のモントレーのオークションでは39億円(❗️)、2018年6月には輝かしい戦績を残しつつも55年間無事故であると証明された250GTOが76億円(⁉️)で購入された記録が残されているそうです。

76億円あればこれまでご紹介致しましたミニカーの実車は殆ど購入出来そうですね...❗️


f:id:usunonoo:20210619113716j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング