usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

KYOSYO 1/64 Ferrari 599 GTO Ferrari Minicar Collection 9

皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210805215438j:plain



今夜は 京商CVS 1/64スケール

フェラーリ ミニカーコレクション 9

フェラーリ 599GTO

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210805215526j:plain



こちらは京商CVSシリーズ第63弾『 フェラーリ・ミニカーコレクション 9 』の内の一台として2013年12月17日に発売されました。
同シリーズにはあの「ラ・フェラーリ」もついにラインナップされ当時話題になりました。

f:id:usunonoo:20210805215901j:plain



ミニカーのモデルになっているのは、2010年4月23日に開催されました北京モーターショーで初披露されました、フェラーリ史上最速のロードゴーイングカー『 Ferrari・599GTO 』ですね。

599GTOは、599GTBフィオラノをベースに開発されたサーキット専用車となるスパルタンな599XXをロードバージョンにアレンジして発売されていました。



f:id:usunonoo:20210805220540j:plain



搭載されるエンジンも599XXベースの6リッターV型12気筒エンジンを採用し、フェラーリ歴代最強マシンとして最高出力は670ps/8250rpm、最大トルクは63.2kgm/6500rpm、0〜100km/h加速は3.35秒、最高速度は335km/hを達成していました。

イタリア・フィオラノにあるフェラーリのテストコースのラップタイムは1分24秒であり、このタイムはあの「エンツォ・フェラーリ」よりも2秒も速いタイムであったそうです。



f:id:usunonoo:20210805221247j:plain



599GTOの「 GTO 」は『 Gran Turismo Omologata 』(グラン・ツーリスモ・オモロガート)の略称であり、レーシングマシンとしてのホモロゲーション車両である事を意味しているそうです。

フェラーリを代表する名車の一つでもある「 Ferrari 250GTO 」にも採用されたサイドネームでもあり、599GTOは歴代最速のフェラーリとして特別な存在意義を与えられていました。



f:id:usunonoo:20210805222335j:plain



京商CVSシリーズの中でも比較的新しい世代のフェラーリだと思いますが、フロントマスクや特徴的なフロントアンダースポイラーも丁寧に再現されています。
お尻の形などは以前ご紹介致しました599GTBフィオラノによく似たボディラインになっていますね。



f:id:usunonoo:20210805222511j:plain


(599GTBフィオラノの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2020/11/09/213021


599GTBフィオラノに似たボディデザインではありますが、サイドやフロントボンネットに空いたエアスリットやツートンカラーのマットグレールーフなど、599GTOが背負う過激なレーシングマシンとしての血統が窺える仕様となっていますね。

f:id:usunonoo:20210805222934j:plain

f:id:usunonoo:20210805222939j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング