usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

kyosyo 1/64 Mercedes-Benz Miniature Car Collection Mercedes-Benz Typ SL500


皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210420223633j:plain



今夜は 京商CVS 1/64シリーズ

メルセデスベンツ ミニチュアカーコレクション

Mercedes-Benz SL500

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210420223808j:plain



こちらのミニカーは、京商CVS・1/64シリーズの第9弾モデルとして『 Mercedes-Benz ミニカー コレクション 』にラインナップされていた一台になります。2006年5月2日から発売が開始され、全10車種✖️31種類がブラインド BOX形式にて販売されていました。



f:id:usunonoo:20210420224232j:plain


本日ご紹介のメルセデスベンツ・SL500は、 3代目SLであったR107シリーズが生産を終了した後の後継機として、1989年におよそ18年ぶりのフルモデルチェンジを果たしデビューした4代目・R129系SL500がモデルとなっています。

SLシリーズは当時のメルセデスベンツが発売する2シーターモデルの最上位モデル(現在では更に上のAMG GTなどの別モデルもありますが)に位置しており、車名の『 SL 』はドイツ語で「 Sport Leicht (シュポルトライヒト)」と呼ばれ軽量スポーツカーの意味を指していたそうです。



f:id:usunonoo:20210420225647j:plain



4代目・R129系SL500は日本では1990年頃から発売されており、当時の国内景気はバブル経済の絶頂期にあったこともあり、新車の販売価格はおおよそ1500万円台からとなっていたそうです。
1989年以後の1995年にはマイナーチェンジが行われ、2001年に生産が終了するまでの12年間の間に全世界での累計販売台数は20万台を突破していました。



f:id:usunonoo:20210420231517j:plain



京商CVSミニカーコレクションの中でもかなり初期のラインナップとなったメルセデスベンツ・SL500ですが、ミラーがちょっと大きいかな?という点以外は非常に完成度の高い一台に仕上がっていると思います。現行の流麗なデザインのSLシリーズもカッコ良いですが、この4代目R129の世代も角ばったボディが威圧感もありカッコ良いですよね。


(SL65ブラックシリーズの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/01/05/211158


f:id:usunonoo:20210420232044j:plain




昔のメルセデスベンツはカッコ良いですが、当時1500万円オーバーのお車ですから、実車の現在の維持費や修理費は非常に超高額になりそうですよね...(泣

f:id:usunonoo:20210420232312j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

トミカ トイズドリームプロジェクト 〈出場指令!消防車両コレクション〉 三菱ふそう キャンター 化学機動車


皆様、こんばんは。

usunonooです。



今夜は トミカ トイズドリームプロジェクト 

三菱ふそう キャンター 化学機動車

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210418215549j:plain



こちらはトミカ・トイズドリームプロジェクトのシリーズ第34弾にラインナップされた限定トミカ〈出場指令!消防車両コレクション〉の全6車種の内の一台になります。発売されたのは2012年の8月でした。



f:id:usunonoo:20210418220238j:plain

以前にもトイズドリームプロジェクトのユーノスロードスターをご紹介致しましたが、トミカとトトイズドリームプロジェクトとのコラボモデルは様々な商品ラインナップが存在しています。

本日ご紹介中の消防車シリーズ以外にも、スバル360トミカを集めた〈トミカてんとう虫コレクション〉、商用車や工作機械車をラインナップした〈はたらくトミカコレクション〉、あるいは〈こだわりパトカーコレクション〉のような警察車両シリーズ、果ては悪名高き(違う)トミカシビック無限RRを擁する〈トミカあこがれの名車セレクション2〉など、多岐に渡る商品ラインナップが魅力のシリーズとなっています。



f:id:usunonoo:20210418221105j:plain



トミカ・トイズドリームプロジェクトは実際に存在する実車をモデルにしたトミカも多く、本日ご紹介致しました三菱ふそうキャンター・化学機動車も、実際に配備されている化学機動中隊に所属する車両がモチーフになっています。

化学機動中隊は、NBC災害(Nは放射性物質、 Bは生物・毒素物質、Cは化学物質を指すそうです)に対応する為の専門知識・専用装備を有しており、実際にテロや災害が発生した際には、専用の防護服で身を包んだ隊員が現場対応や人命救助に当たる事を任務としているそうです。



f:id:usunonoo:20210418222110j:plain



こちらのトミカも実際に東京消防庁に配備されている化学機動車をベースにしており、荷台サイトに描かれているドアや消防庁ロゴは全てタンポ印刷にて綺麗に再現されています。



f:id:usunonoo:20210418222533j:plain



フロント正面も丁寧に塗り分けされています。キャビンルーフ上面には特徴的な形状の消防赤色灯が取り付けされています。


東京消防庁レガシィの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/02/07/174825


f:id:usunonoo:20210418222815j:plain



荷台も開閉可能になっていますので、トミカとしての遊び心もありながら、非常に完成度と満足度の高い大人向け(?)のトミカになっています。



f:id:usunonoo:20210418222940j:plain





トミカの中でも非常にカッコ良い一台だと思いますが、なるべくテロや災害が無い世の中でありますよう、化学機動車の出番が無いよう、切に願うばかりであります。


f:id:usunonoo:20210418223117j:plain
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

KONAMI 絶版名車コレクション Vol.5 MAZDA SAVANNA RX-7 (SA22C)1978


皆様、こんにちは。

usunonooです。



本日は コナミ 1/64スケール

絶版名車コレクション Vol.5

マツダ サバンナ RX-7 SA22C 1978

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210418155925j:plain



先日同じKONAMI製1/64サイズのトヨタ・パブリカをご紹介致しましたが、本日は同じシリーズのマツダ・サバンナRX-7をご紹介致します。


KONAMI・パブリカの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/04/10/224503


f:id:usunonoo:20210418160241j:plain



こちらのサバンナRX-7も、コナミの『 絶版名車コレクション Vol.5 』にラインナップされていました。6車種✖️2カラーで全12種類の発売となっています。
本日ご紹介中のサバンナRX-7と先にご紹介済みのTOYOTA・パブリカの他に、プリンススカイラインGT-B、フェアレディ240ZG、日産のローレルHT2000SGX、ホンダZ GSがそれぞれラインナップされていました。



f:id:usunonoo:20210418160819j:plain



以前全く同じグリーンの通常版トミカ・サバンナRX-7もご紹介致しましたが、トミカが1/60スケールであったのに対し、こちらのKONAMI製のミニカーの方は1/64スケールと一回り小さいサイズとなっています。

しかしながらKONAMI製のミニカーは、コンパクトなサイズながら京商などに近い完成度の高さを誇るミニカーとなっていますので、通常版トミカと比較してもミニカーとしての満足度は非常に高いと思います。



f:id:usunonoo:20210418161453j:plain


リアのテール周りだけでなくフロント周りの再現性やホイールのメッシュのような加工など、コンパクトなミニカーですが見所は多いと思います。室内のカラーリングはベージュっぽい内装色となっていますね。



f:id:usunonoo:20210418161953j:plain


トミカ・サバンナRX-7の記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2020/10/27/114706



トミカホットウィールだけでなく、こちらのKONAMI製のミニカーなど、MAZDAサバンナRX-7は大変人気の高い車種だと思いますが、また気になった仕様のミニカーは改めてご紹介していきたいと思います。

f:id:usunonoo:20210418162429j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

HOT WHEELS FORD SHOE BOX 2002


皆様、おはようございます。

usunonooです。



本日は ホットウィール より、

フォード シューボックス

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210418104445j:plain



ド派手なホットロッド・カラーが斬新なホットウィール・シューボックスのご紹介です。



f:id:usunonoo:20210418104818j:plain



トミカなどには無い『これぞ!アメリカ!』という感じ(?)のホットロッドカラーになっています。蜘蛛の巣のようなスパイダー模様が艶消しのマットブラックのボディによく似合っています。



f:id:usunonoo:20210418105024j:plain



ホットウィールとしては2002年頃にラインナップされた商品になっていますが、今でこそポピュラーになってきた艶消しのカラーリングを当時からミニカーに取り入れている先見の明は流石だと思います。



f:id:usunonoo:20210418105157j:plain



艶消しのマットブラックのボディサイドには、ホットウィールのお得意であるフレイムペイントが施されています。蛍光色のイエロー✖️グリーンを駆使したファイヤーパターンはなかなか良く似合っていますね。


(ド派手なヘミクーダの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/03/27/093816


f:id:usunonoo:20210418105437j:plain



フロントボンネットを突き破ったエンジンフード周りのスパイダー模様が、エンジン中心部から放射線状に広がっているのも非常に凝ったペイントになっていると思います。

室内もよく見ますとハンドルやシートだけでなく、ドアの内張まで全てメッキのゴージャス仕様となっています。眩しくは無いのでしょうか?(笑)



f:id:usunonoo:20210418105704j:plain



1949年頃のフォード・シューボックスがベースとなったミニカーですが、ホットウィールらしいデザインペイントと、1930年頃から北米で始まったホットロッドのカスタマイズを取り入れたカッコ良い一台に仕上がっていると思いました。


f:id:usunonoo:20210418105919j:plain


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

TOMICA NISSAN Racingcar Collection スカイライン2000GT-R (KPGC10)1971 日本グランプリ出場


皆様、おはようございます。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210418095549j:plain



今朝は トミカ より、

ニッサンレーシングカーコレクション

スカイライン 2000GT-R (KPGC10)

1971年 日本グランプリ出場

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210418084751j:plain



こちらのトミカは2008年の11月に、全国のコンビニ等での限定販売品として『ニッサンレーシングカーコレクション』という商品ラインナップで発売されていました。全6車種をブラインド BOX形式での販売方法となっていました。


f:id:usunonoo:20210418085230j:plain



本日ご紹介のKPGC10トミカは、1971年の日本グランプリで優勝を果たしたゼッケンナンバー6番、ドライバーは高橋国光氏が搭乗したハコスカスカイライン2000GT-Rがモデルとなっています。1971年5月3日に開催された日本グランプリでは、上位1位から3位までをスカイラインが独占するという偉業も成し遂げています。



f:id:usunonoo:20210418085738j:plain



スカイラインとしては3代目にあたるPGC10スカイラインは、1969年に4ドアセダンとして発売が開始されました。
翌年1970年にホイールベースを70mm短縮した2ドアハードトップ仕様のKPGC10スカイラインの販売が始まりました。ショートホイールベース・2ドアクーペ化された事によって旋回性能が向上し軽量化も図られたボディには、レーシングマシンであるNISSAN・R380で培われたノウハウが惜しみ無く導入された2リッター直列6気筒のS20型エンジンが搭載されています。



f:id:usunonoo:20210418091316j:plain



2ドアハードトップハコスカ・KPGC10スカイラインのレースでの活躍は凄まじく、デビューから日産が1972年10月にワークス活動休止に至るまでの短期間で、通算52勝という輝かしい戦績を残していました。レーシングシーンでの活躍が、今日に至るまでの『ハコスカ・KPGC10スカイライン』の人気を支えていると言っても過言では無いのかもしれません。




f:id:usunonoo:20210418092005j:plain



トミカとしても非常に出来が良いトミカとなっています。以前ご紹介致しましたハコスカ・パトカーもカッコ良かったですが、やはり元々の金型がオーバーフェンダー&フロントリップ&トランクスポイラーのついたスポーティなハコスカトミカですので、こちらの日本グランプリ仕様のワークスマシンらしいカラーリングが非常に良く似合っていると思います。


ハコスカ・パトカーの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/04/05/222808


f:id:usunonoo:20210418092403j:plain



ルーフの真っ赤なストライプカラーも綺麗に塗り分けされています。
こちらの日本グランプリ仕様と同カラーリングのトミカハコスカは幾つか過去にも販売されていますが、販売時期や商品ラインナップによってホイールが違っていたりゼッケンナンバーの有り無し仕様があったりと、かなりバリエーションの違いがありますので、一つ一つ探して見比べて見ても面白い気がします。



f:id:usunonoo:20210418093339j:plain



やっぱりハコスカKPGC10スカイラインは最高にカッコ良いですよね〜 ♪

f:id:usunonoo:20210418093541j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

KYOSYO 1/64 PORSCHE MINICAR COLLECTION PORSCHE 959


皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210415214918j:plain



今夜は 京商CVS 1/64スケール

ポルシェ ミニカーコレクション

ポルシェ 959

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210415215007j:plain



こちらの京商製1/64サイズのポルシェ・959も、先日ご紹介致しましたポルシェ928 S4と同じ、『京商CVS ポルシェ・ミニカーコレクション』の第一弾に同梱され、2005年6月から発売が開始されました。


(ポルシェ928 S4の記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/04/13/204525



f:id:usunonoo:20210415215201j:plain



ミニカーのベースとなっている車両は、1986年にポルシェが開発・販売を行った『 ポルシェ959 』がモデルになっています。

ポルシェ959は、当時のグループBカテゴリーのレースシーンに参戦する為に作成されました。当初は200台限定での生産予定の筈が、911ベースの車体にポルシェ初となる4WDシステムを導入し、市販車として初めて最高速度300km/hを達成するなど話題性が高く、あまりの人気ぶりに最終的には292台が生産されたそうです。

(総生産台数に関してはレース専用車やプロトタイプまでを含めると諸説あるようです。)



f:id:usunonoo:20210415221912j:plain



1986年当時の日本円での販売価格は一台あたり約3600万円から(!)だったそうです。当時の大卒初任給が14万円程だったことから、ポルシェ959は初登場時すでにスーパーカーの位置付けにあったそうです。



f:id:usunonoo:20210415222455j:plain




【 ポルシェ 959 】


・エンジンは排気量2848ccの水平対向6気筒ツインターボ

・最高出力450ps/6500rpm、最大トルクは51kgm/5500rpm。最高速度300km/h以上。

・車体重量は1450kg。ベースモデルとなった911よりも200mm以上ワイド化されたボディは、6MTと4WDシステムを採用している。

・2020年にサザビーズのオークションで959が落札された際の金額は1億1235万円(!)だった。

f:id:usunonoo:20210415223418j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

トミカギフトセット 警察車両セット 救助工作車


皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210414205337j:plain



今夜は トミカギフトセット より、

警察車両セット 救助工作車

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210414205425j:plain



こちらは2014年3月に発売されました、トミカギフトセット『警察車両セット』の内の一台になります。こちらのギフトセットには、本日ご紹介の救助工作車を含め、クラウン・パトカーと警視庁仕様のタンクローリー、覆面パトカー仕様のステップワゴンが同梱されていました。



f:id:usunonoo:20210414205824j:plain



ベースのトミカである消防車仕様の災害対策救助車Ⅲ型を、警察仕様のブルーとホワイトのツートンカラーに塗り分けを行った特別仕様となっています。
実車の方でも、全国の機動隊などに同様のカラーリングを施した救助工作車は配備されています。)


消防車仕様の方はリア荷台に取り付けされたクレーンアームは真っ赤なカラーになっていましたが、こちらは鮮やかな黄色のクレーン仕様となっています。



f:id:usunonoo:20210414211049j:plain



トミカらしいギミックとして、実際にクレーンのアームを稼働させる事も可能となっています。こういった遊び心あるギミックは、ミニカーとしても遊びの幅が広がりますからとても良いと思います。



f:id:usunonoo:20210414211446j:plain



フロントマスクも丁寧に塗り分けされています。警察車両の証である旭日章(警察章)も塗り分けにて再現されています。パトランプも装備されていますので、正面から見ても非常に良く出来たトミカになっていると思います。



f:id:usunonoo:20210414211811j:plain



ベース車両であるトミカ・災害対策救助車Ⅲ型をブルーとシルバーに塗り分けただけの上部ですが、元々のトミカの完成度が高く、違和感なく綺麗に仕上げられていると思います。



f:id:usunonoo:20210414211938j:plain




トミカギフトセットの車両も結構出来が良くて見逃せない車両が多いんですよね...(汗


f:id:usunonoo:20210414212227j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング