usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

HOTWHEELS PREMIUM '69 FORD MUSTANG BOSS 302 HW "Gulf" CAR CULTURE


皆様、おはようございます。

usunonooです。


今朝は ホットウィール プレミアム より、

'69 フォード マスタング BOSS 302

をご紹介致します。



こちらはホットウィールと、ギヤオイルやエンジンオイルなどのオイルメーカーとして名高い『 Gulf(ガルフ)』とのコラボモデルとして2019年に発売されたシリーズの内の一台になります。



1968年と1969年に開催されたル・マン24時間レースで、この鮮やかなガルフカラーを纏ったフォード・GT40が二連覇を果たし一躍有名になったワークスカラーであり、本日ご紹介中のホットウィールマスタングBOSS 302も美しいガルフカラーを纏い登場しています。



ベースとなっているマスタングBOSS 302も、1960年代後半のSCCAトランザムレースにて活躍していたカマロを打ち負かすべく、フォードが1969年と1970年の二年間のみ製造し同レースにも導入していた特別なマシンでした。

1970年には同レースにおいてBOSS 302を駆るパネリー・ジョーンズ選手がチャンピオンを獲得しています。



僅か二年余りしか製造されていなかった伝説のマシン・マスタングBOSS 302。市販車両やレース向けに販売された車両を合わせても、総生産台数は僅か1628台程だったと言われています。




通常版のホットウィールよりもずっと豪華な塗り分けと、高級感のあるゴムタイヤ&深リムメッキホイールを採用したホットウィール・プレミアムシリーズですが、ワークスカラーであるガルフのカラーが非常にカッコ良く決まったマスタングBOSS 302に仕上がっています。



テール周りの塗り分けも丁寧ですね。


(再販された伝説!!マジョレット製マスタングBOSS 302の記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2022/02/11/091759

ボンネットにもガルフのロゴが塗り分けされています。非常に完成度が高く、カッコ良いワークスマシンに仕上がっていますね。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

HOTWHEELS NISSAN SKYLINE H/T 2000GT-X HW WORKSHOP


皆様、こんばんは。

usunonooです。



今夜は ホットウィール より、

日産 スカイライン H/T 2000 GT-X

をご紹介致します。



こちらはホットウィールのベーシックカー「ワークショップ」シリーズの内の一台としてラインナップされていました。



1968年8月にフルモデルチェンジを行い誕生した、三代目となるC10型スカイライン。翌年の1969年2月にはその高性能版となる「 PGC10型・スカイラインGT-R 」も発売されていました。



排気量1989ccのS20型エンジンを採用するスカイラインGT-Rの誕生より、先だって1968年10月に排気量2リッターのSOHC直列6気筒を採用したL20型エンジンを搭載した「スカイライン2000GT 」が発売されていました。



そのスカイライン2000GTをベースにしつつ、1971年9月にマイナーチェンジを受け登場したのが、本日ご紹介中の「スカイライン H/T 2000 GT-X 」でした。

スカイライン2000GT-Xは、L20型エンジンにセドリックやフェアレディZで使われていたSUツインキャブレターが組み合わされており、最高出力は130psと大幅なパワーUPが図られていました。(初期型の2000GTの最高出力は105ps。)



スカイライン H/T 2000GT-XはGT-Rを除くスカイラインGTシリーズのトップグレードとして発売されており、高級感のあるクロス仕上げのシートや、まだ当時珍しかったパワーウィンドウの採用など、スカイラインの中でも特に豪華装備が際立ったモデルでもありました。




ホットウィールの人気のスカイラインGTですが、ワークショップ仕様という事で一部カスタマイズが施されたワークスマシンに仕上げられています。フロントバンパーには大型のオイルクーラーが装着されフロントリップスポイラーも取り付けされています。リア周りの塗り分けも細かいですね。


(こちらはトミカ!日産スカイラインGT-R・PGC10の記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2022/11/05/193056

サイドのドアノブまで塗り分けされているのも細かいですが、よく見るとドリフト仕様の競技車両を意識しているのか運転席のみのソロシート仕様になっています。走りを特に意識したスカイラインGT-Xに仕上げられていますね。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

TOMICA TOYOTA HIACE 郵便局 集配車 オリジナルトミカ 郵便車コレクション(名古屋市限定トミカ)


皆様、こんにちは。

usunonooです。


本日は トミカ より、

オリジナルトミカ 郵便車コレクション

名古屋市限定モデル

トヨタ ハイエース 集配車

をご紹介致します。



こちらは郵便局のふるさと小包で名古屋市限定モデルとして発売されたモデルであり、トミカギフトセットの内の一台として2004年に販売されていました。
本日ご紹介中のトヨタハイエースを含め全4車種が同梱されており、人気のスーパーカブや以前当ブログでもご紹介致しましたスズキ・キャリイの集配車、また大型トラックの日産ディーゼル・ビックサムなどがラインナップされていました。



2003年10月に発売されていた、通常版のトミカギフトセット(オリジナルトミカ)・郵便車コレクションと同じ4車種のラインナップではありますが、それぞれ専用のカラーリングや仕様となっており、通常版とは異なるコレクターアイテムとなっていました。




通常版モデルも完成度が高いのですが、フロントヘッドライトやリアのテールランプ、またボディサイドやリアトランクの郵便局のロゴなども丁寧に塗り分けされた完成度の高いトミカに仕上がっています。


(郵便局と言えば最近はエブリイ!!トミカ・郵便車の記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2022/07/31/093049

本日ご紹介中のトヨタハイエースも通常版とは異なる仕様となっており、フロントドアサイドには「名古屋郵便集中局」のロゴがプリントされ、ルーフ全面には2003年4月に登場した「 EXPACK500 」のロゴも塗り分けされています。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

TOMICA NISSAN FAIRLADY Z(Z33)


皆様、こんばんは。

usunonooです。


今夜は トミカ より、

日産 フェアレディZ Z33

をご紹介致します。



こちらは2001年12月に通常版トミカとして発売されたモデルとなっていました。



2000年11月に生産が終了した先代となるフェアレディZ・Z32。その後を継ぐモデルとして2002年(平成14年)7月に登場したのが、フェアレディZとしては五代目となる「 Z33 」でした。



デビュー後の2005年と2007年にはそれぞれマイナーチェンジがあり、2008年11月まで製造された後、翌月となる2008年12月には六代目となるフェアレディZZ34へとバトンタッチされていきました。



国内向けモデルも海外モデルも共に排気量3.5リッターのV型6気筒エンジンを搭載しており、海外では「 350Z 」の名前で呼ばれ広く親しまれていったそうです。 




この時代のトミカはヘッドライトが別パーツ+メッキ掛けというなかなか豪華な仕様となっていました。リアバンパー下部のナンバープレート部分にはしっかりとフェアレディZのロゴもプリントされています。



サイドビューも美しいですよね。フェアレディZZ33Z34に共通している事ですが、一目でフェアレディZと分かるフォルムと流麗なスタイリングはカッコ良いですよね。



こちらのトミカ・フェアレディZ33ですが、2001年の発売当初ではもう少しラメの少ないグレーのボディカラーで発売され、途中から本日ご紹介中のシルバーカラーに切り替わったという逸話があったようです。人気モデルでもあり、かなり豊富なトミカのバリエーションが存在する一台でもあります。また別バージョンのトミカZ33が入手出来ましたら当ブログでも改めてご紹介していきたいと思います。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

TOMICA HINO DUTRO TRUCK CRANE 非売品トミカ


皆様、こんにちは。

usunonooです。



本日は 非売品トミカ より、

日野 デュトロ クレーン付きトラック(水色)

をご紹介致します。



こちらはトミカ博などのイベント限定モデルとして入手出来たトミカになるようです。



2012年から2017年まで通常版トミカとして発売されていました「日野デュトロ・クレーン付きトラック」がベースのトミカになっています。



通常版トミカの方が鮮やかなグリーンボディに黄色いクレーン付きという仕様であったのに対し、本日ご紹介中の非売品トミカでは真っ青なスカイブルーカラーに真っ赤なクレーン付きユニック車という出立ちにて登場していました。



ちなみにこちらのような形態のトラックの呼称として広く使われている「ユニック車」とは、積載型のトラックに小型のクレーンを装備した車両、いわゆるクレーン付きトラックを指す総称になるそうです。




こちらの日野デュトロ・クレーン付きトラックですが、クレーン部分のアームパーツは伸び縮みこそ出来ないものの、荷台の左右広範囲に渡りフレキシブルな可動が魅力的なトミカに仕上がっています。



先日当ブログでもご紹介致しました、1/72スケールのミニカーを載せて遊ぶ事も可能となっています。(結構ハミ出てしまいますね。この状態で街中を実際に走ればパトカーのお世話になる可能性が高そうな...汗)


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

HOTWHEELS PREMIUM '64 BUICK RIVIERA HW BOULEVARD


皆様、おはようございます。

usunonooです。


今朝は ホットウィール プレミアム

'64 ビュイック リヴィエラ

をご紹介致します。



こちらはリアルなリアルライダーのホイールを履いた豪華版ホットウィールプレミアム「ブルバード(Boulevard=大通り)」シリーズの内の一台として、2021年に発売されていました。



1963年から1999年までの長期に渡り製造・販売されていたビュイックリヴィエラ。今回ご紹介中のホットウィールでは1964年に販売されていた初代モデルをベースに、非常にゴージャスなメッキ深リムホイールを履いて登場しています。



元々「リヴィエラ」の名はGMゼネラルモーターズ社)が販売するピラーレス・ハードトップ車に与えられた名称であったそうで、ビュイックがラインナップするモデルで特に高級志向を意識したグレードには2ドア&4ドアを問わず愛称の如く名付けられていた時代もあったようです。



1960年代に入り、より自社のブランドを牽引するような高性能の高級パーソナルクーペを登場させようと模索したGMが1963年から販売をスタートしたのが「ビュイックリヴィエラ」でした。

発売開始と同時にパワフルなエンジンと流麗なボディデザインは大ヒットとなり、1960〜70年代のアメリカを象徴する高級パーソナルカーとして広く親しまれていきました。特に1963年から1966年まで発売されていた初代リヴィエラの累計販売台数は112244台という大変な台数であり、後のアメリカン・パーソナルカー市場に大変な影響を与えたと言われているそうです。




ホットウィール・プレミアムは細部まで作り込まれた精巧さが魅力的なシリーズですが、本日ご紹介中のビュイックリヴィエラもフロント周りやリア周りも丁寧に仕上げられています。



アメ車らしい重厚長大なボディに深リムの銀メッキホイールがよく似合っていますね。


(こちらも珍しい分割ボディ!HW製ビュイックグランドナショナルの記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2022/01/09/101402

ボディ全体のカラーリングもキラキラとしたラメが入り高級志向なボディカラーとなっています。ボンネットに描かれた真っ直ぐなストライプもワンポイントとなっています。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング

MCTOY FORD GRANADA 2.8 GL


皆様、こんばんは。

usunonooです。


今夜は MCトイ より、

フォード グラナダ 2.8 GL

をご紹介致します。



以前当ブログでは同じMCトイ製のルノー・25 V6ターボをご紹介致しましたが、本日はこちらのフォード・グラナダをご紹介致します。こちらもマイストの前身のミニカー・ブランドであり、1990年以前にマカオで生産されていたモデルになります。



1972年から1994年まで主に欧州にて製造・販売されていたフォード・グラナダ。当時ヨーロッパでは大衆車であったフォード・エスコートを筆頭に、欧州各国でのフォードの販売ラインナップの一元化が急務でした。
1911年に創業したイギリス・フォードで発売していた「ゼファー&ゾディアック」、そして1931年創業のドイツ・フォードが販売を手掛けていた「タウヌス」を統合する後継機種として登場した高級サルーンが『フォード・グラナダ』でした。



1972年の発売当初は内外装を簡素化したグレードとして「コンサル」が用意され、そのラグジュアリーバージョンとしてグラナダがラインナップされていましたが、1975年にはコンサルは廃止されグラナダに一本化されていきました。




スクエアなフォルムやヘッドライトマスクが精悍なフォード・グラナダ。車名である「グラナダ」とは、スペインの美しい城塞都市・アルハンブラ宮殿があるアンダルシア州グラナダの地名に由来しているそうです。



フロントボンネットには大きなロゴで「グラナダ」と描かれていますね。


(こちらもMCトイ!ルノー・25V6ターボの記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2023/01/17/162819

本日ご紹介中のMCトイのこちらのミニカーでは、高級車の証であるサンルーフも再現された仕様になっています。実車もライトブラウンのレザーや木目パネルを多用した高級感のある内装が特徴的なモデルであったようですが、こちらのミニカーでも内装パネルをラグジュアリーなベージュカラーにて再現されていますね。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング