usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

kyosyo 1/64 Ferrari Enzo Ferrari Minicar Collection Ⅶ


皆様、おはようございます。

usunonooです。



本日は 京商CVS 1/64スケール

フェラーリ ミニカーコレクション 7

フェラーリ エンツォ

をご紹介致します。



こちらは京商CVSシリーズ第39弾『フェラーリ・ミニカーコレクション 7 』の内の一台としてラインナップされ、2009年12月に発売されていました。



フェラーリの創業55周年を記念して2002年に作成された『フェラーリ・エンツォ』。

フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリの名を冠し、フェラーリ・F40やF50に継ぐ特別なスペチアーレ(限定生産モデル)として登場していました。



2002年9月28日に開催されたパリサロンにおいてデビューしたフェラーリ・エンツォ。当初349台が生産された後、追加で50台が限定生産されており、日本国内には33台が正規輸入されていました。



発売当初の新車価格は日本円で7850万円程度と言われていますが、現在では中古車価格も高騰傾向にあり、オークション相場で走行距離2万km程度の個体が2億〜3億、数千km程度の超極上車両ですと4億5千万(❗️)以上での落札もあるようです。



以前当ブログでは同じ京商CVSエンツォ・フェラーリ(こちらはときめきモール限定の艶消しブラックでした)をご紹介致しましたが、あちらもかなりカッコ良かったですが、やはりフェラーリと言えばのロッソコルサの真っ赤なボディカラーはカッコ良いですよね。




京商CVSシリーズのミニカーですので、ヘッドライトやテールレンズはクリアパーツにて成形されています。



エンジンルーム周りも抜かり無く再現されています。


(マットブラックが渋い!!京商ときめきモール限定のフェラーリ・エンツォの詳しい記事はコチラ↓)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/12/15/220723

京商CVSシリーズにはフェラーリのミニカーコレクションが多数ラインナップされていますが、その中でもフェラーリ・エンツォは何度か発売されています。
京商CVSシリーズのなかでもエンツォ・フェラーリはかなり人気が高くなかなかリサイクルショップなどでは見つかりませんが、また入手出来ればご紹介していきたいと思います。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング