usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

京商 1/64 TOYOTA 2000GT

皆様、こんばんは。

usunonooです。



本日は 京商 1/64 シリーズ より、

トヨタ 2000GT

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20201018180252j:plain



【 トヨタ 2000GT 】

トヨタ自動車ヤマハ発動機が合同で開発した、日本車初の量産型スポーツカー。発売は1967年から1970年まで生産されていた。

・総生産台数は337台。

・新車発売価格は238万円。1967年当時の大卒者の初任給が2万円程度であったため、当時の価値観からしても非常に高額なスーパーカーであった。



f:id:usunonoo:20201018181501j:plain



トミカホットウィールでも今もなお高い人気を誇る、国産スポーツカーですよね。実車は海外のオークションサイトでは1億円以上(‼️)の落札価格がつく事もあるようです。




f:id:usunonoo:20201018181725j:plain



こちらの京商でも美しく再現されていますが、トヨタ2000GTの魅力は、ボディ側面の極めて流線的なボディデザインにあるように思います。
ボディサイドのフロントフェンダー横の逆三角形のエンブレムは、実車では七宝焼で作成されていたそうです。



f:id:usunonoo:20201018182139j:plain



当時の日本車には初採用となる、リトラクタブル式ヘッドライトも、こちらの京商製ミニカー では彫り込み表現にて再現されています。
リアのテールランプもクリアパーツが使われており、1/64サイズという小さいサイズながら、流石kyosyo製だと思わせる造りになっています。



f:id:usunonoo:20201018182334j:plain

f:id:usunonoo:20201018182528j:plain




トヨタ2000GTは今現在も広く認知され愛されている幻の名車だと思います。つい先日も、TOYOTA GAZOO Racing2000GTの部品の補給や復刻を行うと発表されファンを驚かせていましたね。
多くのユーザーに愛されているからこそ、トヨタ自動車としても後世に名車を残そうと考えているのかもしれませんね。


f:id:usunonoo:20201018183544j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ミニカーランキング