usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

KYOSYO 1/64 NISMO 400R 京商ミニカーくじ 第二弾


皆様、おはようございます。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20211024085458j:plain



今朝は 京商ミニカーくじ 第二弾

ニスモ 400R

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20211024085549j:plain



以前当ブログではヨーデル・リアルXシリーズの1/72スケールのニスモ・400Rをご紹介致しましたが、本日はこちらの京商1/64スケールの400Rをご紹介致します。

f:id:usunonoo:20211024085714j:plain



こちらは2016年8月2日から発売されていました『京商ミニカーくじ・第二弾』という商品ラインナップであり、一回800円でくじを引くとミニカーが当たるシリーズになっていました。A賞には1/43スケールのミニカーやB賞には歴代のニスモ・シリーズのマットカラーが4台同梱されるなど豪華なラインナップとなっていました。



f:id:usunonoo:20211024090048j:plain



その中でも本日ご紹介の黄色のニスモ・400Rはかなり人気が高かったイメージがあります。一回800円ではありますが狙いの車両が出るまで何度も購入した方もいらっしゃったのではないでしょうか。



f:id:usunonoo:20211024090234j:plain


京商CVSの流れを汲む京商ミニカーくじは京商CVSシリーズと同様にスケールは1/64サイズとなっています。フロントマスクの400Rの複雑なダクト造形も丁寧に再現されています。



f:id:usunonoo:20211024090437j:plain



リア周りも非常にリアルだと思います。特に厚さ2mm程しかないリアウイング中央に描かれた「NISMO」のロゴなど非常に再現性は高いと思います。



f:id:usunonoo:20211024090614j:plain



全体的なシルエットは非常に良く出来ています。京商CVSシリーズは現在も雑誌に付属するおまけのような商品展開でも1/64スケールのミニカーが書店などで一部の車種が販売されていますが、こちらのニスモ・400Rはコンビニで売られていた京商CVSシリーズの系譜からは最後の方に発売されており、京商のリアルさを追求した技術力の高さを窺える一台となっています。

f:id:usunonoo:20211024091505j:plain

f:id:usunonoo:20211024091509j:plain



前回ご紹介致しました1/72スケールのリアルXシリーズの400Rと並べてみました。やはり京商ミニカーくじシリーズは1/64スケールであり少し大きく見えますね。



f:id:usunonoo:20211024091617j:plain



ですがどちらも細部まで丁寧に作り上げられています。リア周りの処理も若干の違いがありますね。



f:id:usunonoo:20211024091711j:plain


(気になる400Rのスペックは?記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/09/11/104819


今の雑誌の付録として売られている京商シリーズはかなり高額(先日ファミリーマート限定で売られていたジムニーは2500円でしたね汗)ですから、またミニカーくじスタイルでも良いので1000円以下で入手出来ると良いですね ♪

f:id:usunonoo:20211024091959j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング