usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

HOT WHEELS '71 HEMI 'CUDA HW WORKSHOP


皆様、おはようございます。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210327084151j:plain



今朝は ホットウィール ワークショップ 

'71 ヘミクーダ

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210327084907j:plain



色鮮やかなフレアパターンが印象的なホットウィール・'71 ヘミクーダです。ホットウィールに登場するアメ車=マッスルカーのイメージがありますが、その中でもファイアパターンのミニカー は非常にアグレッシブな雰囲気がありカッコ良い&ミニカーとして外れがない!イメージもあります。



f:id:usunonoo:20210327085151j:plain



こちらのフレアパターンの'71 ヘミクーダは2015年のホットウィール『 WORKSHOP 』シリーズにラインナップされていました。ホットウィール・ワークショップ・シリーズは、スポーツカーやマッスルカーを中心に、ワークスカラー風の塗り分けやスポーティなカラーで人気を博しているシリーズになっています。



f:id:usunonoo:20210327090216j:plain



こちらのホットウィールのモデルとなった1971年式ヘミクーダは、1964年から1974年まで販売されていましたプリムス・バラクーダがベース車両となっています。プリムス・バラクーダはクライスラーが生産を行なっており、2ドアクーペやコンバーチブルモデルが主にラインナップされていました。


その中でも1971年の'71 ヘミクーダは426HEMIエンジン(7リッター!)を採用したハイパフォーマンスモデルであり、生粋のマッスルカーとしてデビューしていました。



f:id:usunonoo:20210327090936j:plain



ボディ全身に纏っているファイヤーパターンが非常にカッコ良いホットウィールになっていますね。大排気量である7.0Lエンジンに相応しいカラーリングだと思います。



f:id:usunonoo:20210327092000j:plain



リア周りは彩色の無いシンプル仕様ですが、マフラー部分をシャーシと一体成形にする事で塗り分けを不用とし、リア窓ガラスのガラスフードも再現するなど、ホットウィール開発スタッフの'71 ヘミクーダへの愛情や意気込みを感じる造り込みになっています。


(カッコ良いデコトラホットウィールの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/03/02/112327



f:id:usunonoo:20210327092154j:plain




ホットウィールと言えば様々なアメ車やマッスルカーがラインナップされていますが、フレアパターンの車両はハズレ無しなカッコ良いカラーリングが多いと思いました。


f:id:usunonoo:20210327092924j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング