usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

マイスト 世界の名車コレクション ランボルギーニ カウンタック


皆様、おはようございます。

usunonooです。



今朝は マイスト より、

世界の名車 コレクション

ランボルギーニ カウンタック

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210530090412j:plain



こちらはトミカに近いタイプのミニカーでありメーカーはマイスト製となっています。『 マイスト 世界の名車コレクション 』というシリーズで販売されており、その昔100円ショップのダイソーでも販売されて話題となったシリーズですね。

マイスト製の同シリーズのミニカーですと、同じくダイソーでも出回っていたHONDA・アコードとHONDA・シビックEK9が人気が高かったように思います。(当時は100円だったのに今では同モデルは非常に高額になっていますね。)



f:id:usunonoo:20210530091701j:plain



ミニカーのモデルになっているのは、1974年から1990年まで登場していたランボルギーニカウンタックがベースになっています。



f:id:usunonoo:20210530091755j:plain



スーパーカーランボルギーニカウンタックという方も多いのでは無いでしょうか。1974年にカウンタックが市販された翌年1975年1月に週刊少年ジャンプにて『サーキットの狼』の連載が開始されました。当時から子ども達の人気週刊誌であったジャンプに登場したランボルギーニカウンタックは瞬く間に人気車種となり、いわゆるスーパーカーブーム到来の火付け役となったそうです。



f:id:usunonoo:20210530092355j:plain



スーパーカーブームでのカウンタックの人気は凄まじく、1975年から1978年頃まで続いたブームの中では、漫画サーキットの狼だけでなく、スーパーカーの特集を組んだクイズ番組やスーパーカーカード、また当時の小学生が学校に持ち込んで遊んだスーパーカー消しゴムなどの一大ムーブメントを巻き起こしました。



f:id:usunonoo:20210530092953j:plain



以前当ブログでもご紹介致しましたマイスト・フェラーリ348TSもそうでしたが、こちらのランボルギーニカウンタックも昨今のトミカ等と比べてしまうと残念ながら少しチープな雰囲気もあるミニカーになっています。
しかしながら全体的に見るとランボルギーニカウンタックの複雑な造形をしたリアトランクフードを塗り分けてあったり、シートの縫い目の盛り上がりを再現してあったり結構手の込んだクオリティになっています。100円でこのクオリティならば十分過ぎる気もします。


(マイスト・フェラーリ348の記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2020/10/27/094354


f:id:usunonoo:20210530094605j:plain




ランボルギーニカウンタックも名車の中の名車であり、トミカホットウィールなど幾つものメーカーからミニカーが発売されています。それぞれのメーカーから集めて違いを比較して観ても楽しいかもしれませんね。

f:id:usunonoo:20210530093942j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング