usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

RMZ city 2020 TOYOTA GR SUPRA

皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20211004213319j:plain



今夜は RMZ city より、

トヨタ スープラ

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20211004213408j:plain



マットブラックなカラーリングが非常にオシャレなトミカサイズのミニカー、RMZ city 製『トヨタ・GRスープラ』をご紹介致します。

f:id:usunonoo:20211004213505j:plain



二代目モデルとなる80スープラが2002年に生産終了し、その17年後となった2019年5月から日本国内でも発売が開始されたトヨタ・GRスープラ

最新鋭の技術で蘇った新型スープラは、2011年から技術提携を結んでいたBMWと共同で開発が進められており、スープラ歴代モデルと共通機構となる「FR駆動式・直列6気筒エンジン」を搭載していたG29型BMW・Z4 をベースモデルとして開発されています。



f:id:usunonoo:20211004214434j:plain



発売が開始されたトヨタスープラには3種類のグレードがそれぞれ用意されており、トップエンドにはハイパフォーマンスモデルとなる最高出力340psの3リッター・直列6気筒DOHCツインスクロールターボエンジンを搭載した「 RZ 」が配され、ダウンサイジングされた2リッター・直列4気筒ツインスクロールターボ搭載の最高出力258psの「 SZ-R 」と、さらにベースグレードとして同エンジン搭載の最高出力197psの「 SZ 」が設定されています。



f:id:usunonoo:20211004215519j:plain



すでに発売開始から約2年が経過したトヨタ・GRスープラですが、トミカホットウィール京商といった大手メーカー以外にも本日ご紹介のRMZ city など幾つかのミニカーメーカーから商品ラインナップが登場していますね。

f:id:usunonoo:20211004220202j:plain



その中でも本日ご紹介のRMZ city製スープラはなかなか完成度が高いと思います。ドア開閉や内装といったギミックやリアルさを排除した代わりに、外観の造形美はかなり丁寧に再現されています。トヨタスープラは結構複雑な造形をしたテールエンドやアンダーディフューザーといったエアロパーツを採用していますが、細かいスリットデザインも丁寧に作り上げられていますね。



f:id:usunonoo:20211004220445j:plain



サイドビューもなかなか美しいです。トミカには付いていない左右のミラーも再現されています。



f:id:usunonoo:20211004220528j:plain


(古のラリーカー・スープラの記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/02/11/113431


個人的にはこれまでにご紹介して参りましたRMZ city製のミニカーの中では一番カッコ良い❗️気がしました。

f:id:usunonoo:20211004220636j:plain

f:id:usunonoo:20211004220641j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング