usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

KYOSYO 1/64 Audi R8 Spyder Audi Minicar Collection 2

皆様、こんばんは。

usunonooです。



今夜は 京商CVS 1/64スケール

アウディ ミニカーコレクション 2

アウディ R8 スパイダー

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210824200652j:plain



こちらのアウディ・R8スパイダーも一昨日ご紹介致しましたブルーのアウディTTクーペと同様に、京商CVSシリーズ第82弾『 アウディ・ミニカーコレクション 2 』にラインナップされ2016年10月16日から発売が開始されていました。

京商CVSシリーズはブラインドBOX形式での販売となっており、本日ご紹介のR8スパイダーもこちらのダークブラウン以外には美しいホワイトカラーと精悍なシルバーがそれぞれラインナップされており、狙いのカラーリングが出るまで何箱もご購入される方も多かったのでは無いでしょうか。

f:id:usunonoo:20210824201231j:plain



ミニカーのモデルとなっているのは、2006年から販売されているアウディの誇る本格的なスーパーカーであるAudi・R8のオープントップ採用モデルとして、2010年10月6日から発売が開始された『 Audi・R8 Spyder(スパイダー)』ですね。



f:id:usunonoo:20210824201528j:plain



アウディ・スペース・フレーム(ASF)と呼ばれるオールアルミボディを持ち、エンジンの一部には軽量・高硬度のマグネシウムを採用していました。



f:id:usunonoo:20210824202329j:plain



エンジンの低重心化も図られたドライサンプ式5.2リッターV10エンジンは、最高出力は525ps、最大トルクは530Nmを発生させていました。
ASFの高い走行性能にハイパワーなエンジンが加わる事で、0→100km/h加速は4.1秒、最高速度は313km/hを誇るミッドシップ・オープンカーとなっていました。



f:id:usunonoo:20210824202755j:plain



京商CVSシリーズにはしばしばオープンカーのミニカーが登場してきましたが、内装のシート形状やメーターやハンドル周りの雰囲気が再現されているのは流石だと思います。



f:id:usunonoo:20210824202919j:plain



ミッドシップスポーツカーはやっぱり高級感のあるオープントップがカッコ良いですね。高級車ならではの豪華な装備の一つだと思います。



f:id:usunonoo:20210824202923j:plain


(マジョレット・R8の記事はコチラ)
https://usunonoo-minicar.hateblo.jp/entry/2021/08/08/185729


京商CVSの同シリーズ(アウディ・ミニカーコレクション 2 )の発売当時には、レーシングマシンである『 Audi・R8 LMS 』の次にこちらのR8スパイダーか、もしくはスタンダードのR8の人気が最も高かったような気がしました。

f:id:usunonoo:20210824203333j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ミニカーランキング