usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

UCC Lamborghini 50th Anniversary Special Car Collection Lamborghini Aventador LP720-4 50th anniversary

皆様、こんばんは。

usunonooです。



今夜は UCCブラック無糖 おまけシリーズ

ランボルギーニ 50th アニバーサリー

スペシャルカーコレクション より、


ランボルギーニ アヴェンタドール LP720-4 

50周年アニバーサリー

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210511210915j:plain



【 ランボルギーニ アヴェンタドール 】

・2010年に生産が終了したランボルギーニ・ムルシエラゴの後継機種として、2011年3月のジュネーブショーにて正式発表された。

・排気量6498ccのV型12気筒エンジンは、最高出力700ps、最大トルクは690N・mを発生させる。0→100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は350km/h以上に到達する。

・2020年9月10日には、ランボルギーニアヴェンタドールの全世界累計生産台数は10000台に到達した。



f:id:usunonoo:20210511212515j:plain



鮮やかな眩しい輝きのレモンイエローが美しい、ランボルギーニアヴェンタドールをご紹介致します。

こちらのアヴェンタドールのミニカーは、UCCの缶コーヒー『 UCC・ブラック無糖 』を2本購入すると一台おまけとしてミニカーが付いてくる「ランボルギーニ50周年アニバーサリー・スペシャルカーコレクション」キャンペーンの内の一台として2013年6月18日に発売が開始されていました。



f:id:usunonoo:20210511213023j:plain



ミニカーのモデルになっているのは、2013年4月の上海モーターショーで初披露されました「アヴェンタドール LP720-4 50th anniversary 」がベースになっています。ランボルギーニ社の生誕50周年を記念して世界限定100台が生産されました。


f:id:usunonoo:20210511213407j:plain



アヴェンタドール・LP720-4は、通常のアヴェンタドールの700psから20ps最高出力がアップした特別な限定モデルとなっていました。
こちらのカラーリングのイエローも『 ジャロ・マッジョ(5月の黄色) 』という特別なカラーリングで、ランボルギーニの象徴である鮮やかなイエローと、ランボルギーニ社が1963年5月に創業した事にかけて名付けられた新色となっていたそうです。



f:id:usunonoo:20210511214120j:plain

f:id:usunonoo:20210511214404j:plain



こちらのUCC缶コーヒーのおまけのランボルギーニアヴェンタドールですが、各部しっかりと塗り分けがなされ、ヘッドライトやテールランプはクリアパーツを使うなど、おまけらしからぬ非常に高級感の高いモデルとなっていました。



f:id:usunonoo:20210511214543j:plain
(隣にトミカを並べてみました!)



惜しむらくは(贅沢な悩みですが)ミニカーのサイズがトミカよりは一回り大きく、1/43スケールよりは微妙に小さいという妙なサイズ(中途半端?)を採用していました。トミカホットウィールをメインで集めているコレクターの方や、1/43スケール好きの方からは少し評価が分かれるサイズのミニカーだったと思います。



f:id:usunonoo:20210511220314j:plain

f:id:usunonoo:20210511214835j:plain



しかしながら、トミカよりも敢えてサイズを大きくし余計なギミックを排した事で、非常に精巧な外観を手に入れたアヴェンタドールとなっていました。

こちらのアヴェンタドールだけでなく、カウンタックレヴェントンなど幾つかのランボルギーニスーパーカーがラインナップされていましたが、いずれも缶コーヒーのおまけの枠を超えた完成度の高いミニカーに仕上がっていました。

f:id:usunonoo:20210511215112j:plain

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村