usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

KYOSYO 1/64 PORSCHE 911 RS 【993】


皆様、こんばんは。

usunonooです。



本日は 京商 1/64シリーズ より、

ポルシェ 911 RS 993型

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210211171519j:plain



【 PORSCHE 911 RS 993型 】

・1993年に登場した、第4代目となる993型ポルシェ911。空冷最後のモデルとなった。

・964型のモデルデザインを随所に残しつつも、フロントフェンダー周りを下げる事でヘッドライトを傾斜させつつ、ボンネットやテールデザインを変化させる事で従来の911のイメージを一新した。

・1998年に水冷式の996型へ進化する迄の6年間の間生産されていた。


f:id:usunonoo:20210211172930j:plain



空冷最後のポルシェ911のミニカーになります。こちらの一台も京商製になりますが、流石は京商!といいますかトミカサイズの非常に小さなボディの中に、実車を忠実に再現したホイールデザインやリアウイングの造形、外観細部の塗り分けなど非常に丁寧に仕上げて作られています。



f:id:usunonoo:20210211173246j:plain



ポルシェオーナーの中には、空冷ポルシェは『着る』と表現される方もおられるそうですが、空冷最後のポルシェとなった993型911は後輪サスペンションにマルチ式リンクサスペンションを採用し、文字通り羽織るが如くしなやかに動く足回りやその操作性が人気を博していたそうです。



f:id:usunonoo:20210211174019j:plain



こちらの京商製1/64サイズのミニカーも実車のシルエットを忠実に再現してあります。特にリア周りのデザインやサイドシルエットも、一眼でポルシェだと分かるデザインになっています。ポルシェ特有の流麗なお尻も、テールランプはクリアパーツで再現し、リアウイングは別パーツとする事で造形美は崩さず丁寧に仕上げられおります。

左右に張り出したリアフェンダー周りや、サイドに取り付けられたアンダースポイラーが走りの911の性能の高さを物語っていますね。



f:id:usunonoo:20210211174315j:plain




昨今のスーパーカーブームや空冷ポルシェ911への世間の関心の高まりから、993型ポルシェ911にあっても"空冷最後"の文字が一人歩きし、10年ほど前は300〜400万円程だった個体が1000万円以上で取引される事も増えているそうです。

実車の993型ポルシェ911を愛でる事は難しいですが、京商製ミニカーであれば手にとってじっくりと眺める事が出来ます ♪


f:id:usunonoo:20210211175149j:plain


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング