usunonooのブログ@トミカ倉庫

つれづれなるままに...集めたトミカやホットウィール、京商、マジョレット等1/64サイズのミニカーをご紹介していきたいと思います!たまに気ままなブログ内容もあります。よろしくお願い致します。

kyosyo 1/64 Alfa Romeo MiniCar Collection Ⅱ 155 V6 TI DTM94


皆様、こんばんは。

usunonooです。



f:id:usunonoo:20210120212310j:plain



今夜は 京商 1/64シリーズ より、

アルファロメオ ミニカー コレクション 2

155 V6 TI DTM94

をご紹介致します。



f:id:usunonoo:20210120212442j:plain



こちらは京商製1/64シリーズから2008年に発売されていました、『 アルファロメオ・ミニカーコレクション Ⅱ 』の中の一台になります。10車種✖️3種類のカラーリング・ラインナップで、中身が見えないブラインドボックス形式で発売されていました。

シンプルな真っ赤なボディのミニカーですが、やっぱりアルファロメオ・155 V6 TIはカッコ良い一台だと思います!



f:id:usunonoo:20210120213346j:plain



ベースとなった車両は、1993年にアルファロメオドイツツーリングカー選手権DTM)に導入した、V型6気筒・自然吸気2.5リッターエンジンを搭載し導入したレーシングカー『 155 V6 TI DTM 』がモデルとなっています。



f:id:usunonoo:20210120213858j:plain



アルファロメオは1992年に155 GTAという2.0リッター・ターボチャージャー搭載モデルでDTMに参戦していましたが、1993年にDTMの新規定として生まれた2.5リッターエンジン採用モデルに対応させる為、155 GTAで培った能力はそのままに、新たにV型6気筒エンジンの155 V6 TIを誕生させたのでした。



f:id:usunonoo:20210120215113j:plain



ベースモデルである155 GTAも、同じフィアットグループであったランチアデルタ・インテグラーレに採用されていた4WDシステムを導入していました。
改良番とも言える155 V6 TI はエンジンの排気量は2498ccで、車体重量は1040kgに抑えられ、更にランチアWRCで培われた屈強な同4WDシステムを採用した事で、最高出力は420psに到達(‼️)し、パワーウェイトレシオは2.5kg/psという脅威的な数値に達していたそうです。




f:id:usunonoo:20210120220135j:plain



京商製のミニカーの中でも、フロントマスクはなかなかのドシャコタン仕様ですが(流石はDTM仕様!)、リア周りも迫り出したリアウイングやアンダーデュフーザー、トランクに塗り分けされた美しいタンポ印刷の『 155 V6 TI 』ロゴなど、見どころが多いミニカーに仕上がっております。



f:id:usunonoo:20210120220443j:plain



運転席も実車同様の左ハンドル仕様ですが、レーシングカーらしく室内にロールゲージが張り巡らされているのが分かりますね。この1/64サイズの小さなミニカーにおいても実車表現への手を抜かないあたりはさすが京商❗️といった緻密さになっています。



f:id:usunonoo:20210120220729j:plain




今回はアルファロメオ・155 V6 TIをご紹介致しましたが、やっぱりDTM仕様のレーシングカーはカッコ良いですよね ♪


f:id:usunonoo:20210120221037j:plain


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ミニカーランキング